債務整理中に人気中小規模街金・アローの審査通過!【アローの特徴と審査通過のコツ】

生活

サイト管理人・ミナミヤです!

本記事は債務整理の支払い途中の私が中小規模街金のアローに申し込んでみて、更に審査通過までを記事にしてみました!

コロナで収入が減ってしまったけど、ブラックで大手の消費者金融は到底通らない…。そんな悩みを抱えている方はぜひ最後まで読んでいただいて、自身の状況と照らし合わせてシミュレーションをしてみてください!

私もなかなかのブラックの状況でしたが…なんと審査を通過しました!それではどうぞ!

中小規模街金・アローの審査・ヒアリング内容を大公開

アローの申し込みから審査開始までの流れ

申込み内容

  • 融資希望10万円
  • 現在債務整理中
  • Webから申込み
  • 申込み理由はコロナで上半期の賞与が減額になる可能性があるため

前日の夜にWebから新規審査希望で申込み。最初の連絡は翌日の夕方頃1通のメールが届きました。

内容は【一次審査結果のご案内とお願い】。

審査に通過した文言と、必要書類をアプリ経由もしくはHP経由でアップしてほしいという内容です。債務整理中にも関わらず審査通過したことには本当に驚きました。インターネット上で公開されていた可決事例もあながち嘘ではないのかもしれません。

アローからのメールに記載されているアプリはios14.2以降のOSが必要なため、私が使用しているiPhoneでは非対応…。仕方がないので、アローの公式HPから必要書類を送付しました。

送付した書類は以下4点です。

  • 健康保険証(表・裏)
  • 給与明細2か月分(ウェブ明細のため、スクショ)
  • 住民票
  • 念のためセルフィー

送信ページにコメントを書き加える欄が存在したため、『在籍確認をするのであれば当日中を希望』という旨を伝えたもののその日は連絡はありませんでした。(翌日は公休日で店舗に私がいないため)

翌日、アローから着信がありヒアリングが開始となります。

アローの審査特徴は受付担当と審査担当、詳細内容のヒアリング担当者が全て異なる事でした。

受付担当は感じの良い女性スタッフで、申込内容に間違いが無いかの確認。そこから審査を担当する女性のスタッフへと引継ぎがされました。

審査担当の女性のスタッフは事務的でどこか無気力な印象がありましたが、質疑応答を繰り返しているうちに、対応もまともになってきたのでそこまで気にならなかったです。この審査担当のスタッフは同時に在籍確認も担当しているようで、ヒアリング当日は公休日だった事から、私が職場にいない件と、非通知では連絡がとれない点を伝えたところ、在籍が確認できれば問題ないという事で、本人が電話にでれなくても特別審査に影響はないとのことでした。(後日、スタッフから私あてに連絡があったという話が無かったためもしかしたら在籍確認はしていない可能性があります…)

女性審査担当者のヒアリング内容

  • 融資資金の使い道
  • 過去の金融事故について
  • 家族構成
  • 月の収入と支出のバランス
  • 家賃負担などがあるのか?

2時間後、おそらく契約の最終的な可否を判断する方から電話がありました。さきほどの女性スタッフではなく、中年の男性スタッフから連絡があり、再度ヒアリングが実施されました。内容は融資希望の金額、使用用途、月々の支払いに関するヒアリング。信用情報機関に問い合わせていて予め仕入れている情報と相違がないかの確認。(債務整理をしていて支払い段階では、一応残りの金額を借り入れしている状態という事がここで判明!)借り入れしている業者についてのヒアリングなども行われ、15分くらいでヒアリングは終了しました。おそらくこの男性スタッフの方が契約を締結する決定権をもった担当者なのではないかと思われます。(この後の事務処理や、契約内容の確認は女性スタッフに引き継がれたため)

希望していた枠(10万円)も確保もでき、少々時間がかかった印象でしたが、申し込み件数が立て込んでいない、もしくは午前中に審査が終了していれば、即日融資も可能なのではないかと思います。

もしも最短で申し込みを希望するのであれば、申し込み自体は前日の段階で済ませておきましょう。一次審査に通過した場合は、その日一日はあけておいた方が良いかもしれません。

男性審査担当者のヒアリング内容

  • 家族構成
  • 融資資金の使い道
  • 軽めのお説教(借金をする事と返済について)
  • 融資額の決定について

アローの場合、必要となる電話回数は4回でした。おそらくこれが最短回数かと思われます。申し込みの内容確認(1回目)→女性審査担当(2回目)→男性審査担当(3回目)→女性審査担当から契約内容の確認と今後の手続き案内(4回目)という流れとなりますので、電話がかかってきての折り返しをする事で担当者不在のため、再度折り返し待ちとなってしまえば、時間がもったいないですし、基本的に中小消費者金融の口座はネット銀行などではないため、15時までに振り込みが完了していないと当日、融資された金額を引き出す事は困難と言えるでしょう。アロー側とのやり取りをスムーズに行うには、常に電話に出られる状況を作っておく必要がありますね。


中小規模の消費者金融・アローに申し込むメリットとデメリット

アローのメリットは審査から振り込みまでのスピード

審査から振り込みまでが早い

審査に通過した場合、アローは先に希望する口座への融資を全額振り込んでもらえます。後日契約書が自宅に郵送されるので、サインをして返送する事で、契約が完全に締結します。書類のやり取り後の振り込みではなく、先に振り込まれるため、融資までの期間は大手消費者金融並みの振り込みスピードと言えるでしょう。最短で当日に現金を受け取りたい場合は、Webから午前中に申込みを行い、書類の提出をアプリで完結し、審査が昼までに完了していれば、即日融資は実現できる可能性は大いに考えられます。消費者金融の振り込み口座は大手の銀行口座を使用している事が多いため、15時までの振り込みでないと当日に着金を確認することはできません。ネット銀行に対応している中小規模の消費者金融は今のところないようなので、今後のサービス改善に期待したいです。

郵送物がないため、家族にバレにくい

自身が使用しているスマートフォンのOSが最新のものであれば、アローは全ての手続きがアプリで完結させることが可能です。アプリで申し込めるのであれば面倒な書類記入なども省けるため、新しいOSのスマートフォンを使用している場合は、アプリからの申し込みの方が手間も少なく、融資までの時間も早くなる可能性が高いでしょう。アプリからの申し込みであれば郵送物が一切不要!借り入れを家族にバレたくないワケありの人も安心して利用できますね。

融資希望額の融通が利く

同じ時期に申込みをして、審査に通過した他社よりも融資額は大きく出ました。今回サイト管理人ミナミヤは複数の中小規模の消費者金融に申込みを行いましたが、アローに申し込んだ順番としては2番目でした。比較を行うために、申込金額は一律10万円で審査をお願いしました。

1番目に審査に通過した業者は希望10万円のところ、5万円で可決。アローは10万円に対して、満額で可決しています。そのため、申請金額と実際に可決する内容は業者それぞれで異なる事が判明しました。中小規模の消費者金融の場合、独自審査をうたっている事も多い事は事実のようです。アローの場合、債務整理最中でも現在の支払い能力が問題なければ、融資額の融通は利くようです。

アローのデメリットと残念な点

審査に関しては問題は無く、大きなデメリットを感じる事はありませんが、強いてアローを契約する上でのデメリットで考えられることは、返済と再融資についてです。

再融資や増額は最低でも6か月間の支払い実績が必要

アローの場合、融資額を全額振込で対応してもらえます。そのため、月々の支払いを行う上で、急な出費があり、再度融資を希望した場合に、審査が必要となります。また契約内容の確認時に説明をされますが、最低でも6か月間は増額の審査は受付ができないとのことでした。大手消費者金融のように、コンビニや無人契約機でお金の出し入れができないため、最初に受けた融資額を使い切ってしまえば、完済するまでは再度融資を行う事は出来ないという事になります。

 

債務整理中のサイト管理人がアローの審査に通過出来たポイント解説

即日キャッシング・消費者金融アロー公式サイト
≪独自審査≫株式会社アローのWEBキャッシング!
過去に自己破産・債務整理された方もまずはご相談下さい。(要審査)

サイト管理人の経験談からアローの審査について説明をさせていただきましたが、そもそもなぜ中小規模の消費者金融を申し込んだのかをご説明させていただきます。この記事を読んでアローへの申し込みを少しでも検討しているのであれば最後まで読む事をおススメ致します。

まず中小規模の街金の立ち位置についてご説明させていただきます。

中小規模の街金を利用するユーザーの多くは、以下のような属性の方が多いのではないかと思われます。

  • 債務整理中、自己破産経験者
  • 総量規制にかかっている
  • 現在、支払いを延滞している(消費者金融・公共料金・税金)

実は債務整理前のミナミヤの過去の属性とほぼ一致しているという事!!

大変お恥ずかしいのですが、私自身は社会的信用の低い30代会社員というところです。

上記のような属性であった場合、大手の消費者金融では審査の秤にかけられることなく門前払いでしょう。中小規模の街金では独自審査で、現在の支払い状況や収入をもとに審査を行ってくれます。

中小規模の消費者金融の場合でも、信用情報の照会は行いますのでヒアリング項目は嘘偽りがないように申告しましょう!

それではこの事実を踏まえた上で、申し込みから契約までどのような手続きとなったのか?またどのような質問をされたのか?を公開していきます。

中小規模街金・アローの審査を通過したポイント

まず過去に司法書士事務所に債務整理を依頼したミナミヤの過去についてはこちらの記事を参照してみてください。コレを読めば、信用情報がいかに弱い属性であるかが分かると思います…。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

借金の減額方法をご紹介!ひとりで悩まずにまずはプロに相談【サイト管理人実体験ブログ】

サイト管理人の債務整理のリアル進捗状況

まず2019年の年末に私は債務整理をしています。

大阪の司法書士事務所に依頼をして、消費者金融+給料ファクタリング業者(ほぼ闇金)の計9社を債務整理。費用はトータルで50万円ほどかかりましたが、それはとくに問題ナシ!

先に元金和解した給料ファクタリング業者への支払いと、司法書士事務所への支払いを終えてから2021年3月から消費者金融の支払いを開始して現在に至ります。(現状では3社で合計10万円ほど返済していることになります)

消費者金融に関しては、総額90万円(A30万円+P社50万円+Ai社10万円)あった借金を、総額70万円まで圧縮してもらいました。毎月2万円で支払いを行い30回の分割で支払い終えるプランを組んでもらいました。

支払い期日には一度も遅れておらず、現在で5回目の返済が終了しました。(2021年7月現在)

この支払に一度も遅れていないというところがポイントのひとつだったのでしょうか?

私も信用情報機関へのクレジットヒストリーなどは確認しておりませんので詳しい事はわかりませんが、債務整理をしていても支払いに遅れない事で信用情報の上乗せはできていた事は間違いないでしょう!

総量規制に引っかかっている

ミナミヤの収入は債務整理前で平均的なサラリーマンの収入でした。(約420万円)

総量規制とは収入の3分の1までしか、借り入れをできない事を指していますが、そもそも給料ファクタリング業者に手を出す前から、大手の消費者金融からは増額の申し込みを断られ続けていた状態でした。この一年間で副業収入(ライティングで約50万円ほど)を得ていますが、総量規制が解除されるほどの収入とは言い難いですね。

考えられる可能性としては、債務整理をしたことで、合計90万円だった借金が70万円まで圧縮され、債務整理で毎月2万円の返済×5回分の支払いをしたことで、借金総額が60万円という認識がされた影響があるかもしれません。

現在、支払いを延滞している(消費者金融・公共料金・税金)

公共料金に関しては延滞と支払いを繰り返しております。例えば携帯料金。

現在ではほとんどのキャリアが口座引き落としやクレジットカードの決済の指定がされていますが、私の利用しているキャリアでは、複数回引き落としがかからない顧客に対してはコンビニで支払いが可能な請求書が送付されます。締め日と給料日の兼ね合いもあり、引き落とし日には口座に入金ができていないことが多く、会員ページからバーコード決済で支払いを行っておりました。

また住民税に関しても滞納歴があり。数年前に転職をした際に発生した住民税の未納分を分割で支払っている状況です。

ここまでを踏まえて、私よりも属性は良いはずなのに審査に通らない場合はなにかしらの原因があるのではないかと考えられます。支払い遅れにおいて最も問題視されるのは、他業者への支払いです。つまり他社の金融業者への支払いが遅延している穴埋め目的で、融資を希望する場合などは遅延の中でも最も審査に影響する可能性が高いでしょう。

アローで審査を通過できる可能性がある人はこんな人!

  • 安定した収入がある
  • 税金などの支払い遅延はあるものの、消費者金融関連は滞りなく支払っている実績がある
  • 総量規制にひっかかっていない(これは業者によって多少基準が異なる)

この3つをクリアしているのであれば、アローに審査を通して見る価値は十分あるでしょう。消費者金融の申し込みは、よく短期間で集中した申し込みをしてしまうと、申し込みブラックという状態に陥ってしまいます。

申込みブラックとは?

  • 短期間に金融機関に審査を申込み過ぎてしまう事で審査に通りにくくなってしまう状態。
  • 簡単に言うのであれば『この人お金に困っているのかな?』と認知されてしまい金融機関から警戒されてしまうイメージ。

※申し込み属性がそこまで問題なくても、審査を担当する消費者金融の基準に引っかかってしまい審査に落ちた場合などに、複数の金融機関に申込みを行う事で、発生しやすくなる。

ただ、一つの業者だけに絞って申し込みを行うと、審査通過までの時間や手続きの期間などで、急場をしのぐまでに資金が間に合わない可能性が出てきてしまいます。

可能性が残されている業者を厳選し、3社までに絞り込み一括で申し込みを行う方が審査通過率は高いのではないいでしょうか。

同時期に申し込んで、審査通過した業者の記事は下記にありますので、ぜひ参考にしてみてください。

債務整理中で人気中小規模街金・セントラルの審査通過したんだけど何か質問ある?【セントラルの特徴とコツ】

ただセントラルもアローとはメリット・デメリットが異なります。よく読んで納得のいく業者選びをしてもらえれば幸いです!

一人でも多くの人が、急場を凌ぐための有益な情報となっていてくれればと祈っております!!

 

中小規模の消費者金融・アローのまとめ

  • 審査スピードが他社よりも早い
  • アプリさえ登録できるのであれば、郵送物は不要
  • 審査の融通が利く可能性が高い
  • 増額を希望するのであれば、6か月間は期間をあける方が得策

【スポンサーリンク】


コメント

タイトルとURLをコピーしました